経営側だけの意向では・・
admin tarafından 15 1月 2018, 00:00

SFAの導入をしたことで、かえって社内の雰囲気がまずくなった・・ということもあるようですね。なんか複雑^^

SFAを導入するのは、経営側の人たちか営業担当者のどちらか。導入を願う理由は違っていて、経営側は営業が現在どのように進んでいるのかを把握したい、営業マンがミスをしたり抜けが無いように事前にフォローしておきたい、そして営業マンの管理ができれば、ということがあります。営業担当者側としては、業務の効率化がしたい、情報共有して営業をもっとやりやすくしたい、管理者にリアルタイムで自分の営業プロセスを確認して欲しい、というところにあります。

もし、経営側が一方的にSFAの導入、運用を進めれば、営業担当者からは反発も出てきます。自分たちの営業行動を管理したいでけれはないか?と。

ですので、経営側が進めるSFAの導入の際には、何を得るための導入なのか、具体的な数字目標を掲げたり、どういったメリットが営業担当者にはあるのかを事前に提示しておく必要がありそうです。

15 1月 2018, 00:00 - Yorum Yap
気をつけましょう!
admin tarafından 28 11月 2017, 00:00

名刺の管理アプリなどの活用が広まっていますが、その前段階、名刺交換をする際のマナーについてもあちこちで触れられていました。

ビジネスマンにとって名刺交換時のマナーも大事ですよね。年齢が若くてもそうでなくても、やはりマナーを押さえておくことでわかっている人にとっては相手の常識を確認できる場でもあるわけですから^^

名刺を渡す際にはまず自分から名刺を渡す。その際、名刺入れから出して両手で差し出して自己紹介をしながら渡す。

名刺を受取る際には名刺の端を持って相手の会社名、ロゴなどを隠さないようにして受け取る。もし自分と同時に名刺を出されても、自分はあとで受け取る。受け取ったあと目の前でその名刺に日付やメモ書きをしない。

わかっていることでもついついやってしまうことってありますよね。。社会人としても気をつけたいものです!

https://knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

28 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
名刺ゲーム・・
admin tarafından 21 11月 2017, 00:00

WOWOWで12月から始まるという「連続ドラマW 名刺ゲーム」についての紹介記事がありました。名刺が生死をかける重要なアイテムになるとのこと。そもそも働く人たちは毎日のように名刺の交換をしていますよね。とくに営業マンはその数も半端ないでしょう。そのため、名刺の相手が誰だったのか、すぐに思い出すことなんて難しいですよね。

でもこのゲームでは「名刺の持ち主を間違えると娘の首が爆破される」というタイムリミットが設けられていると。。

堤真一がその主人公となるそうですが、堤さんに教えてあげたいですね。日頃から名刺管理アプリを使っていれば名刺情報はしっかりと管理され、また名刺を受取った際に相手の特徴や交換した日付、会話の内容などを記しておくことで、より名刺の相手を思い出すことができる、ということを^^

ナレッジスイート

21 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
お礼メールのその後は?
admin tarafından 14 11月 2017, 00:00

展示会やイベントを開けば、閉会後にはお礼のメールや手紙を出すもの。ただ、その先が大切で、展示会に来る客の中には展示会自体に興味はなく、他の会社から来た同業者との名刺交換が目的だったり、展示会の粗品などを目的にしているビジネスマンもいるんですね。

そのような人達にもお礼メールは出すものですが、それ以上の売り込みはあまり得では無いと知っておきましょう。このような人達はメールの開封さえしなかったり、貼りつけていたURLをクリックすることも無いハズ。この時点で、見込み客になるのかどうかがハッキリとわかるんですね。

一方、お礼メールに対して何らかのアクションを起こした担当者には、新たな情報やセミナーの開催などについてのお知らせを送ることもできます。SFAの見込み客として登録を忘れない事も大事です。

中には一度きり開封したもののその後はアクションを起こさない客もいるので、メールには配信停止がすぐにできるような設定をしておくことも必要ですね。

https://knowledgesuite.jp/service/crm-point.html

14 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
名刺にもお礼状・・
admin tarafından 08 11月 2017, 00:00

女性の社会進出が当たり前になってきている、とは言い難い現在ですが、それでもバリバリと仕事をこなす女性が増加しているのは事実でしょう。

その際には名刺交換も行われているはずですが、ここで女性の名刺管理についてや、交換する際のやりとりなどが紹介された記事を読みました。そこには、名刺交換をした後の名刺管理の際には、交換した日付、場所、相手の特徴や商談内容などを名刺に書き込んでおくこと。そしてすぐにお礼状を出しましょうと。

これって、女性同士の名刺交換の場面を想定しているのかはわからないのですが、男性でもお礼状なんて出すものなんですかね?名刺にもお礼状が本当に必要なのか。お礼状をもらった相手はびっくりしてかえって引いてしまうのでは?と逆に心配してしまいましたよ^^

詳しくはこちら

08 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
運用体制は整えていますか?
admin tarafından 07 11月 2017, 00:00

どのようなシステムでも運用体制って非常に重要なようです。CRMは特にそうなのかもしれません。というのも、時間がかかるんですよね、営業支援ツールって結果が出るまでに。

また役割分担が明確になっていないと、CRMの良さが発揮できないこともあり、運用の体制はCRMを導入する前に明確に分けておく必要があるんです。

CRMを営業部だけで、とかマーケティング部だけで、と言う風に分けてしまっては意味がありません。いずれかの部署が先頭に立って体制を整えることにはなりますが、その時点で各部署の調整ができていないと、スムーズに事が運ばないんです。ですので、経営陣は調整役として優秀な人材を選ぶことが一番最初の作業になるでしょう。

その上で、選出した人材をしっかりとフォローしつつ、一緒になって体制を整えて行き、マーケティング部、営業部、その他関連部署から責任者を集め、どこの部署がどのような役割を担い、連携していくのか明確に示すようにしていくことが大切になります。

参照URL

07 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmの資産管理機能とは?
admin tarafından 03 11月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレット、パソコンなどのスマートデバイス端末の管理にはmdmが欠かせません。Mdmにはいくつかの機能がありますが、不正利用対策の機能と資産管理機能が主な機能となるでしょう。
資産管理機能ではハードウェア、ソフトウェアの資産管理を行います。管理対象のスマートデバイスのハードウェア構成、ソフトウェア構成を一覧表示してくれるのもmdmの機能の1つ。また暗号化されていないスマートデバイスの一覧やアンチマルウェア対策が施されていないスマートデバイスの一覧を表示することもできます。そのほか、ユーザー名やデバイス名が変わったり、通常とは違うIPアドレスからアクセスがあった場合など、不審なデバイスを検知した時には、管理者にアラート送信する不審デバイスの検出機能もあります。管理者にアラート送信を贈ることで、警告メッセージの送信やロック実行、データ削除実行などの対策が取りやすくなるでしょう。MDM

03 11月 2017, 00:00 - Yorum Yap

スマホやタブレット端末などのモバイルデバイスを企業で導入した場合、業務効率化が期待できる一方、不正利用をした場合は業務効率が格段に下がってしまう恐れがあります。そこでスマホやタブレット端末などのモバイルデバイスを企業で導入する場合には、不正利用の防止が必要となってきます。
不正利用の防止機能があるmdmを、モバイルデバイス端末導入と同時に導入する企業は非常に多いです。Mdmにはモバイルデバイス端末のカメラ機能やWi-Fi機能などの利用を制限することができます。
つまり業務に不必要な機能の使用を制限することで、不正利用を防止することができるのです。
その他、mdmにはインベントリ管理も可能です。インベントリ管理とは遠隔でのモバイルデバイス端末のデバイス情報やフォームウェア、インストールアプリ、設定情報の取得が可能となっています。そのほか、mdm機能には遠隔による各種一括設定も可能です。例えば複数のモバイルデバイス端末に対して、Wi-Fi、ブックマークなどの設定を一括遠隔設定もできるのです。MDM modem

23 10月 2017, 00:00 - Yorum Yap
費用対効果がよいかどうかを確認しよう
admin tarafından 16 9月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを企業で導入して、ビジネス効率をアップさせる場合、メリットの他にも課題が浮き彫りになってきます。スマホやタブレット端末などのモバイルデバイス導入後の最大の課題は費用体効果が見えないことでしょう。
社員に渡した端末がどこにあるのか?渡した端末はちゃんと使われているのか?業務で活用されているのか?などの活用状況を把握することが重要になってきます。
そこでmdmツールを活用することで、スマートフォンやタブレット端末の位置情報や活用状況を見えるようにして、移動履歴の確認、不正操作のチェックも行ってくれます。
また業務に活用できている社員の使い方や利用アプリケーションなどの、活用ノウハウを社会で展開することもできます。
費用体効果が得られやすいように、mdmツールを提供しているメーカーでは様々な取り組みがされています。
企業でモバイルデバイスを導入するにあたりmdmは欠かせない存在になっており、その点を踏まえた上でmdmを、活用していきたいですね。

16 9月 2017, 00:00 - Yorum Yap
ウェブクリップの配布設定も可能なmdm
admin tarafından 03 9月 2017, 00:00

モバイルデバイスを業務で利用する場合ウェブクリップに連絡先を登録しておけば、ユーザーはすぐに会社のサポートデスクと連絡を取ることができるので便利です。この設定をするのに欠かせないのがmdmです。Mdmを利用して各端末グループに一括設定を簡単に行うことができるでしょう。プロファイルの配布設定に関してはアプリケーションの配布設定と同じ手順で行えばよいです。Mdm管理画面上にプロファイルを登録し、mdm管理画面にて配布設定を行います。
配布先端末グループを設定することで、このグループには配布して、このグループには配布しないなど細かく管理することができます。またmdm管理上では、配布状況を確認することもできます。配布は自動で行われることになりますが、通信不良などで配布がきちんとできない場合には、その状況をmdm管理下で確認することができます。配布できない場合にはその原因を改善し、再度配布実行を行っていきます。
コンテンツの配信ができるMDMなら

03 9月 2017, 00:00 - Yorum Yap