小売りの場合には
admin tarafından 19 5月 2018, 00:00

CRMと一口に言っても、使う会社の形態によってもどういった役割を課すことができるのか違うんですよね。例えば小売りのお店の場合です。小売のお店で最も私たちが嬉しいポイントサービス。これは、実はCRMによってサービスされているんです。

ドラッグストア、百貨店、家電量販店、マーケット、どんな小売りのお店でも、ポイントサービスが展開されていて、ちょっとずつではありますが淘汰もされていますよね。ユーザーとしては嬉しい限りです^^このポイントサービスのカードを作る際、個人情報を書きますよね。これがCRMの第一歩にもなるんです。

属性情報をデータとして入れておくと、次にどのような商品をいつ購入したのか。購入回数が増えていけば情報も溜まり、それぞれの顧客に最適な商品の提案やクーポンの発行が簡単にできるようになります。また、顧客としてはポイントが貯まればその分を値引きしてもらえるので、お得感もありますよね。

CRMにおけるポイントサービスは、企業とユーザーがウィンウィンの関係になれるサービスでもあるんですね。

19 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
VPPの登録のながれ
admin tarafından 16 5月 2018, 00:00

VPPはapple Deployment Programsの一部になるため、オンラインでApple Deployment Programsのアカウントを作成する必要があります。
登録されるメールアドレスはそのままVPPでアプリを購入する時に使われる新しいApple IDになるので、既存のApple IDですでに使用しているメールアドレスは登録することができません。
無事にAppleDeploymet Programsのアカウント登録が完了したら、登録したメールアドレスとパスワードでサインインします。2ステップ認証になるので、指定された携帯電話にSMSで届く4桁の認証コードも入力して、サインインが完了します。
アプリケーションを一括購入してモバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のAppストアやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
メニューからVPPをクリックすれば、Business Storeにサインインという表示がでるので、それにログインします。

16 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
店舗集客やCRM強化をサポートすることで
admin tarafından 13 5月 2018, 00:00

電通が、無線LANに接続するアプリ、タウンWiFiを提供している企業と資本業務の提携をしたことがネットニュースで話題になっていました。「提携を通じ、位置情報に基づく広告配信につなげる。」とのこと。

私、いまいち公衆の無線LANについてよく分かっていないのですが^^、すぐに使えるわけではなくて事前に会員登録が必要なものが多いんですよね。これをしなくても自由に使えるものもありますが、登録が必要なものはその登録方法もその場所に掲載して欲しいな~と思うわけです。。

で、今回の電通のサービスですが、CRM強化をエサに^^提供企業を増やしていこうとしているようです。客を集め、その客をリピーターにしたり優良顧客へとランクアップさせることができる、それがCRMですよね。

位置情報ならぬ空間情報、そしてユーザーのWiFiからのリアルタイムな行動データによって、「マーケティングソリューションを共同で開発」し、店舗集客やCRM強化できるそうです。

13 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
課題解決のために
admin tarafından 01 5月 2018, 00:00

全ての会社で、と言っても過言ではないかもしれません。自社の営業における課題というものが存在していることは。

より多くの商品やサービスを、スピーディーに販売、社員たちの手間を省き、コストを抑えつつ効率的に販売する。しかしそれは本当に理想の理想。現実的にこんなことをやっていると、顧客が良い思いをすることは無く、、社員からも多くの反発が出てくるでしょう。

SFAは顧客のニーズを把握した営業が可能となり、社員にも業務効率化を実践させてくれる営業支援ツールです。また、課題の解決に大きく貢献できるんですね。

人の手に頼っていた営業報告、営業情報、営業手法をすべてSFAの中に記録していきます。すると、その情報はリアルタイムで他の社員に知らされ、営業に関するすべてが共有化されていくんです。

また、これまであまりコミュニケーションを取っていなかった人、部署とも自然に関係性が生まれ、コミュニケーションをうまく取っていくことが可能になります。

PCDAがきちんと回らなかった会社でも、SFAによって改善されるんです。

01 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
現場での枠組みが大事
admin tarafından 28 4月 2018, 00:00

CRMの活用をスムーズに、そして定着を図るのに最も重要なこと、それは現場での枠組みを大事にすることです。

導入前、CRMの選定の段階から現場で実際に活用する人たちの意見や要望をまずは取り入れること、そしてテスト期間を設けて具体的に使ってみての意見を聞くこと、さらに現場でどのような枠組みで活用していけば運用が定着するのかを一緒に考えること、これらを実践しないといけません。

これらはすべて経営陣、管理者、そして現場での利用者、3者がチームを作って行うことが大切です。コスト、成果から考える人、管理をする立場の人、実際に使う人、といったように、それぞれの立場から見た感覚も必要なんですね。

ここまで書くと、CRMって相当導入が難しそうだから、今回は持ち越そうか?とは思わないでくださいね^^しっかりとした現場の枠組みづくりまでができれば、あとは多くのメリットを生むからなんです。他のシステムも同じですよね。最初は面倒で負担が多いシステムでも、使い慣れていけば利益を生みます。みなさん、頑張りましょう!^^

knowledgesuite.jp

28 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
VPPとはどういうサービス?
admin tarafından 28 4月 2018, 00:00

Apple社が提供するビジネス向けプログラムであるVPPは、法人や教育機関向けのアプリ配信システムツールになります。VPPを利用するためにはapple Deployment Programsのアカウントを作成する必要があります。このアカウントをVPPに登録して専用のAppleIDを作成。このApple IDがあればVPPストアにログインでき、あらゆるビジネスツールを購入することが可能です。
VPPアカウントの取得に必要なのは、メールアドレスとD-U-N-Sナンバーです。
アカウントを取得すれば、管理サイト上からアプリライセンスの数量確認、端末へのライセンス付与、回収が可能になります。
また回収したライセンスを再配布することもできます。いまいちVPPについて理解ができないという人もいるかもしれませんが、VPPはモバイルデバイス端末管理には欠かせないツールの1つです。
デバイス側での個別アプリごとのインストール操作が必要なくなり、遠隔操作でアプリケーションのインストールを行うことで、作業負担を軽減できるのです。VPP(Volume Purchase Program)とは?

28 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap

これってすごくないですか?顧客となっている人達が次に欲しがるものを本人よりも先に予測してしまう、ということ。もしそれが可能になれば、顧客本人がネットで購入前にショップや会社側から「こんな商品がありますけどいかがですか?あなた様にぴったりのものですよ!」と情報提供できます。提供された顧客は「何で私の欲しいものがわかるの?すごい!この会社」と喜び、購入に進むでしょう。そして、この会社の好感度は上がり、また顧客はここで買い物をしてくれる、というわけです。

こういった良い流れを作ることができるツールがCRMなんですね。CRMに、顧客のありとあらゆる情報を詰め込みます。また、サイト内での足跡、お問合せ情報など属性情報や購入情報以外の、あまり為にはならないのでは?と一瞬思ってしまうような情報までも一元管理するんです。これによって、次に顧客が欲しいと思うモノを予測することが可能となるんですね。本当によく考えられていると思いますね^^

knowledgesuite.jp

18 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap

利便性とセキュリティを両立させることで新しいワークスタイルを実現できると言われているBYOD。近年日本企業においてもスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括導入する会社は増えてきており、その中でも企業が端末を支給するのではなく、個人のスマートフォンやタブレットなどの端末を業務でも使用するBYOD事例が増えています。
BYODは端末を支給する際に必要となるコストを削減できるので企業にとってはメリットがあるものの、セキュリティ面の不安、通信費などスマートデバイス端末の費用負担のルールなどをきちんと決めなければ従業員側も企業側も納得できません。
この点がネックになって導入に踏み切れない企業がいるというのも事実です。
BYOD導入は、利用者の利便性をしっかりと確保しながらしっかりと一括管理できるようなシステムを確立することが重要です。Mdmはモバイルデバイス端末一括管理のシステムツールでありBYOD導入する場合にも欠かせない管理ツールとなります。byod

17 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
ECの売り上げを強化
admin tarafından 12 4月 2018, 00:00

資生堂に、ワタシプラスというオンラインショップ機能を備えた美容情報サイトがあります。8年ほど前に開設され、今では会員数は300万人にも上るそうです。

このECショップでの売り上げは資生堂の中では8%ほど。これを「2020年に15%に引き上げる中期経営計画を発表した」とのことです。とくに中国での事業を強化していくと。

以前、報道番組で見たことがあるんですが、中国では資生堂の人気は絶大なようです。低価格帯の化粧品ではなく、それなりの価格帯、そして高額の商品群でさえもよく売れているとか。日本にも中国人の観光客が来ると、資生堂の化粧品が人気と聞きます。

今でさえこのような状況なので、ECサイトの強化によってはかなりの売り上げアップが見込めそうですよね。CRMを活用し、グローバルに構築。すでにある顧客データを活用し「ダイレクトにつながるプログラムを作る」そうです。やはり中国であってもECサイトであっても、パーソナライゼーションは必須。あと2年で8%から15%へと順調に売り上げを伸ばせるのか、期待したいですね^^

詳しくはこちら

12 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm導入によるメリットとは?
admin tarafından 07 4月 2018, 00:00

mdm導入で得られるメリットはたくさんあります。
まず1つ目として管理者の負担が軽くなるということです。Mdmツールは企業で大量のスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際、一括してそれらのモバイルデバイス端末を管理するためのシステムツールなのです。
このmdmツールを使って管理を行うことで、管理は非常にシンプルにそして簡単になります。管理者の負担は大きく軽減できるでしょう。
またmdm導入をすることによってセキュリティ強化を図ることができます。
企業内でタブレットやスマホを導入するのは大きなメリットがあります。業務効率のアップ、ビジネスチャンスの増加、外出先での仕事ができるなど、モバイルデバイス端末を導入する企業は年々増えています。
しかしその反面、紛失や盗難のリスクも上がり、セキュリティ面が心配になることも。
そんな時にmdmツールで管理を行っておけば、万が一紛失したり、盗難されたりした時にもすぐに対応できるような機能が充実しているのです。Ascent Networks MoDeM

07 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap