スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れているたため、どうしても紛失、盗難のリスクが高くなってしまいます。
そこでmdmツールによってモバイルデバイス端末を一括管理している場合には、リモートワイプなどの機能を利用することができるのです。
リモートワイプは紛失、盗難されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の中に保存されているデータや個人情報、機密情報などを遠隔操作で消去し、回線停止が実行できるクラウドサービスになります。紛失、盗難にあったと気づいてすぐにリモートワイプを設定することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が第三者によって不正利用されたり、情報が漏えいされたりするリスクを回避することができます。
利用者はmdmツールを管理しているチームに電話1本でリモートワイプの依頼を行います。紛失に気付いた場合には、すぐに専用ダイヤルに電話をかけパスワードなどを入力。その後自分でリモートワイプを行うことができるため、最悪の事態に免れました。

27 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap
コミュニケーションの履歴も大事
admin tarafından 17 4月 2019, 00:00

営業の方とお話をする時にいつも思うのですが、「この人、人の話をよく覚えているな~」っていう人、信用してしまいますよね^^信用というか、信頼を置くことができるというか。それと、私の場合には話がポンポンと進み、その後もレスポンスの良い人。ま、ここまでくれば誰しもが良い営業マンという感じですが^^

こうなると、次に何かを頼みたい時にも、この営業マンを指名してしまいます。そして、懇意になれば、旅行に言った時や珍しいものを買った時、「あ、あの営業マンの人が来たら少しあげよう!」とまで思ってしまいます。

営業マンの立場からすると、こういった顧客を獲得することが目的であり、そのために口八丁手八丁なのでしょう。でも、それが分かっていても^^その技術、信頼感は安心できるものなんですね。

世の中にはCRMなど難しいツールを使って顧客満足度を何とか上げようとしていますが、それよりも、口八丁手八丁でも良いので、信頼の置ける、そして何を相手が望んでいるのかを瞬時に見分けられるような営業マンを期待したいですね。

17 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap

キャリア通信会社が提供するmdmソリューションは、そのキャリア通信会社が販売、提供するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に限って、端末管理を行ってくれるツールになります。企業内で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入している場合、androidやiOSなどのマルチキャリアでの運用管理が必要になる場合もあるでしょう。このような場合、キャリア通信会社によるmdmソリューションの端末管理を受けようとすると利用できるサービス内容に制約されることがあるので注意が必要です。キャリア通信会社のmdmソリューションの通信方式は、SMSプッシュ方式を採用していて、3G回線のSIM搭載端末が前提となるケースが多いでしょう。そのため、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をWi-Fi接続専用端末にしている場合、利用するのが困難になるケースもあるので注意が必要です。

06 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap
そこまで粘る?
admin tarafından 06 4月 2019, 00:00

あるCRMをサービスしている会社のホームページを見てみると、いちいち右側に出てくる小さな画面。大手通販サイトでも「買い物カゴに入れる」とか、キャンペーンやらが小さくポップアップで出てきますよね。あれがね~。ほんとに迷惑なんですよ^^見たい部分、値段とか商品の説明に引っ掛かっていたりするんです。CRMのホームページでも、思いっきり上から結構な大きさのポップアップがあり、それを消そうとすると1回、2回と、ステップを踏んでからじゃないと消えません。多分ね、このポップアップが嫌でこのホームページから出ていく人もたくさんいると思われます。だって私がそうですし、こうやって別のところで文句言ってしまうくらいですから^^

そんなに粘らなくても良いのでは?と、ベンダに言いたいですね。CRMを提供しているのに、顧客の心理を知ろうとしていない。ベンダ側は粘ることで顧客が何かしらの興味を惹きつけると思っているのかもしれませんが、はなはだ疑問ですよね。

06 4月 2019, 00:00 - Yorum Yap
byodの現状と課題
admin tarafından 27 3月 2019, 00:00

企業のITにおいて、今のトレンドと言えばbyodでしょう。byodとはbring your own devoceのことであり、従業員が個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することを言います。特に近年ではiPhoneやiPad、androidなどのモバイルデバイス端末といったモバイルデバイス端末の急速な普及に伴い、byodについてもクローズアップされることが多くなってきています。
従来であれば、従業員が業務で使用するためのモバイルデバイス端末は会社によって支給されるのが一般的でした。支給されるモバイルデバイス端末機器は同時期に個人で購入できるものと比べても、非常に高額であり、なおかつ高性能のものが多かったため従業員の満足度も高かったという現状があります。しかし最近ではその状況に変化が生じており、必ずしも会社から支給されるデバイス端末が高性能とは限らなくなってきているのです。

27 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap
stpatricksdayrecipes.net
admin tarafından 25 3月 2019, 00:00

メールやメルマガを活用し、分析し、その結果をもとに見込み顧客にアプローチをかけることで、新規の顧客を獲得する率はとても高くなると言われています。

SFAなどの営業支援ツールを使い、それぞれの顧客に最適なタイミングで最適な内容のものを送る。すると、見込み顧客は興味のあるURLをクリックし、さらには資料請求、オンラインショップでの購入まで期待することができます。これらの情報も全て顧客情報に蓄積されれば、今度は次にこの顧客がどういった商品をどれくらい欲しがるのか、予想も出来てしまうんですね。

また、メール、メルマガのクリック率、ウェブ内での行動も記録しておくことができます。すると、それぞれの顧客が購入商品以外にどんなものに興味を持っているのか、比較していた商品はあるのか、などもまるわかりします。これらの情報を次のメールやメルマガに載せることで、顧客は誘導されたと露も思わず、「教えてくれて助かった!」と感謝し、購入に至るケースもあるんですね。たかがメールですが、されどメールなんですね^^

25 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdm導入時の初期費用とは?
admin tarafından 17 3月 2019, 00:00

mdmツールを導入する際に企業として気になるのが、初期費用にどのくらいかかるのか?ということ。スマートフォンやタブレットなどを業務で活用するために従業員1人1人にモバイルデバイス端末を導入している場合、モバイルデバイス端末を導入するだけでも多くのコストがかかっています。さらにmdmツールを導入するとなるとmdmを導入するのにも費用がかかります。
mdmツールを導入する際には、いくらかの初期費用がかかります。mdmを選択する際には月額の費用だけではなく、初期導入にかかる費用もチェックしておくことをおすすめします。
モバイルデバイス端末を導入する際に、mdmで管理をしておけば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の初期設定作業であるキッティング作業が非常に便利です。管理者が1つ1つ設定しなければいけなかった設定作業をmdmツールでは一括して行ってくれるので管理者の負担はなくなるでしょう。

17 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap
項目を最初に設定してあげて
admin tarafından 07 3月 2019, 00:00

SFAを導入し、せっせとその日の活動を報告。上司にそれを見せると、「そういうことを書いて欲しいんじゃないだよ」と怒られる。「じゃあ、何を書くんだよ!」と言い返したくなりますよね^^

これは何も営業マンだけが悪いのではありません。管理者としてももっと何を書いて欲しいのかを分かりやすく伝えておくべきなんですよね。ただ、営業後すぐにまた別の営業に行く場合、いちいち上司に伝えるためのテキストを書いていては、そっちに頭がいっぱいになって次の営業の戦略を練っている時間も無くなってしまいます。

そこで提案です。管理者が知りたい情報だけをチェック方式で営業マンが選択するだけで完結する項目を最初から設定しておくんです。そうすれば、管理者は知りたいことをすぐにチェック。営業マンも時間がかからず、また管理者に怒られることもありません^^

さらに、資料を作る際にもこの項目から数字を抽出していけば、営業報告書も簡単に作ることができるんです。

ksj.co.jp

07 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap

Apple DEPとはApple Device Enrollment Programの略であり、会社が所有するiPhoneやiPadなどのAppleデバイス端末を素早く効率的に導入することができるApple社が提供するツールになります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を非常に簡単にそして効率よく、モバイルデバイス端末ソリューション(mdm)に登録できるので、導入を手動で設定する必要がなくなります。
Apple DEPがない場合、初期設定などの導入を管理者が手動でしなければならず、非常に面倒な作業となっていました。しかしApple DEPを利用すれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末購入後すぐに、全てのセットアップを自動で行うことができるのです。
企業で大量のモバイルデバイス端末を導入する場合には、Apple DEPなどのサービスをうまく活用するとよいでしょう。

06 3月 2019, 00:00 - Yorum Yap
mdmソリューションによるアプリ管理
admin tarafından 24 2月 2019, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理するソリューションとして有名なのがmdmです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のモバイルデバイス端末を導入する際の、初期設定が簡単になり、その後のモバイルデバイス端末の管理も効率的にそして安全&確実に行うことが可能です。
mdmにはいくつかの機能がありますが、その1つがアプリ管理です。
mdmではアプリの展開と管理が可能です。インストールファイルとAppStoreからのアプリケーションの展開やアプリケーションの状態の詳細な監視、アプリケーションの削除などモバイルデバイス端末のアプリケーションのライフサイクルを通じて管理に役立つ様々なツールを提供してくれます。ユーザーによるインストールが許可されている準拠アプリと、ユーザーによるインストールが許可されていない非準拠アプリの一覧を指定することも可能です。

24 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap