AIを活用しよう!
admin tarafından 22 2月 2019, 00:00

人材不足に悩む企業。外国人労働者の受け入れについて、本格的に議論しなければいけないほど、仕事はあるけど人材が足りていない、という良い状況なのか悪い状況なのか・・。

営業の現場についてもそれは同じで、SFAなどの営業支援ツールを活用し、業務の効率化を実現していてもまだまだ人材は足りないそうです。そこで注目されるのがAI。人工知能を活用することで、人材不足を補い、さらなる業務の効率化を図ろうというわけです。

人が不足しているにも関わらず、顧客が欲しがるものはさらに幅広いものになってしまい、また高品質なものを求めています。つまり、より一層手がかかることに。そこで、本当に人の手が必要なところには手をかけ、それ以外、AIが担当できる部分においてはAIを思い切り活用し、効率的な業務にしていこうというわけです。

2020年のオリンピックまでに、様々な場所でロボットが活躍できる場が作られようとしています。車や家電、住宅、そして仕事の現場にも、ロボット、AIはもっと深く根付くことになるでしょう。

22 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールであり、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する場合にはこのmdmツールの利用が役立ちます。
mdmツールを利用することでモバイルデバイス端末の一元管理が可能となり、スマートフォンやタブレットを効率よく利用することができます。mdmには様々な種類があるので、モバイルデバイス端末を効率よく利用するためにはmdm製品の比較をしっかりと行い、企業として理想的なmdm製品の導入が必要不可欠になります。
mdmの機能は様々で、その中の1つにアプリケーションのバージョン管理があります。mdmの端末側のアプリケーション管理機能としてはインストールされたアプリケーション名とバージョン情報を取得できます。
mdm側からはモバイルデバイスの管理端末全ての保有アプリケーションを監視して、バージョンが古い場合やウイルススキャンのエンジンのバージョンが古い場合には、更新や最新アプリケーションへのアップグレードを促すためのプッシュ配信を行います。

13 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap
きちんと利用できている会社とは
admin tarafından 11 2月 2019, 00:00

SFAをしっかりと使うことができている、と思っている会社って実は8割ほどあるんだそうです。なんだ~。そんなに今は使いやすくなってるのね!と思ったんですが、内情を見てみると、本来の意味での利用というものは出来ていないのだとか。それをはっきりと見るためには、新規顧客獲得がなされていれれば、確かにSFAの利用は成功と言えますとのこと。なるほど~。

成功している会社は、購買が継続している顧客について、また離れて行ってしまった顧客についても、それらの理由を把握している。そして、より購買意欲を高めてくれるような戦略、あるいは休眠している顧客たちに対して、次にどのような手を打つべきなのか、これらをSFAからデータをとり、営業戦略として作成できているんですね。

SFAは見込み顧客たちの多くの情報が詰まっています。ここに、新規顧客獲得成功のための情報があるわけですから、しっかりと分析し、データ化して活用していきたいものですね。

ナレッジスイート株式会社

11 2月 2019, 00:00 - Yorum Yap

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、業務効率を格段にアップさせる非常に便利なツールとなっています。
そのため多くの企業や組織ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進められています。
しかしそこにはセキュリティ面における不安があるのも事実です。モバイルデバイス端末は携帯性に優れている反面、紛失や盗難などのリスクがどうしても高くなってしまいます。
そのためモバイルデバイス端末を導入する際には、紛失盗難に対してのセキュリティ対策を徹底させる必要があります。そのツールとなるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理するためのツールです。
セキュリティ対策としてリモートロックやリモートワイプなどの機能が搭載されており、安全にそして効率よくモバイルデバイス端末を管理できます。

31 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
かなりの経費がつぎ込まれている
admin tarafından 27 1月 2019, 00:00

新人が入社すると、いや、入社前から様々な教育を行わなければいけないため、意外と経費がかかるって知ってました?ほら、よくテレビで観ますよね。自衛隊に1週間ほど模擬入隊させ、連帯感を養ったり規則正しい生活意識を持たせたり。他にも、マナーの講師を呼んだり、海外の大学に通わせる、といったことも行われているんですよね。

営業マンだって同じで、先輩営業マンがぴったり張り付いて営業のイロハを教え込む、常連の取引先に一緒に連れて行って挨拶させるなど、経費だけでなく時間も労力もかけられているんです。

このような、営業マンに対する教育のための経費を削減できる、という意味でも実はSFAが期待されています。SFAには、先輩営業マンたちの営業の記録すべてが記されているため、新人営業マンがそれを見て勉強することが可能です。実際の体験がそこには記されているため、こんなに良い教育方法は無いのかもしれませんね。

SFAはコストがかかるというイメージもありますが、相対的に見るとお得だったという可能性もあります。

sfa料金

27 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
android端末管理ができるmdmを選ぼう
admin tarafından 22 1月 2019, 00:00

スマートフォンを企業で導入する場合、iPhoneなどのiOSモバイルデバイス端末を導入する場合もあれば、スマートフォンなどandroidを導入するケースもあります。
iOSモバイルデバイス端末でもandroidであっても全て一括して管理できれば、管理者の負担は軽減されます。
iOS端末やandroid端末を一元管理できるツールとして幅広く用いられているのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理のツールであり、企業向けの高度なセキュリティ対策、運用を実現してくれます。
androidの端末管理であれば、android端末管理に適用したmdmツールを用いる必要があります。現在市場に出回っているmdmのほとんどはiOS端末やandroid、Windowsなどスマートフォンやタブレットなどマルチなモバイルデバイスに対応しているものがほとんどですが、導入する前にはきちんと確認しておくことをおすすめします。

22 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
休眠顧客を目覚めさせる!
admin tarafından 13 1月 2019, 00:00

休眠顧客は、過去に購入があったもののその後しばらく購入が無い顧客のこと。その会社に魅力を感じなくなったり、他の会社のものにメリットを感じたり、また購入するタイミングを逃していたり。顧客によって休眠している理由はそれぞれですし、会社側もそれを知ることはできません。なので、どうにかして休眠状態の顧客を眠りから目覚めさせて、さらなる売り上げアップにつなげよう、そんな動きが加速しています。

CRMを使えば、顧客ごとに情報を分析し、それぞれの顧客に合った最適な対応ができると言われていますから、CRMの導入をすすめる会社も増えていますよね。

また、なぜ休眠してしまうのか、休眠のタイミングなど、もっと深く知りたい場合にも、CRMで分析することが可能なゆおです。ただし、ここまで深い分析を行い、その結果を有効に活用できるようにするには、やはりITにとても詳しい人材、CRM、MAなど営業支援ツールを掘り下げて勉強した営業マンやマーケターなどが必要になってきますね。。

13 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
byod事例での先端テクノロジーの導入
admin tarafından 11 1月 2019, 00:00

byodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することをいいます。
このbyodの導入事例は近年増えており、mdmの普及に伴い、よりモバイルデバイス端末が管理しやすくなり、byodで課題だったセキュリティ面、利用制限の面においてもスムーズに導入ができるようになっています。
企業側としてbyodの導入事例ではたくさんのメリットがあります。例えば先端テクノロジーの導入においては、byodでは比較的短期間での導入が可能です。
従業員自信が必要に応じてモバイルデバイス端末を買い替えるため、比較的新しいモバイルデバイスやテクノロジーを利用することができるでしょう。一方会社が配布したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に関しては、先端テクノロジーの導入は比較的長期間かかってしまいます。
会社全体として取り組む必要があり、モバイルデバイス端末のリプレースやテクノロジーの採用が先延ばしになるというケースも多いでしょう。

11 1月 2019, 00:00 - Yorum Yap
追加、カスタマイズの機能もチェック!
admin tarafından 29 12月 2018, 00:00

SFAを今から導入しようとするとき、忘れないで欲しいことがあります。それは、機能の追加、全体のカスタマイズに関することです。

SFAの専門家が自社内にいれば、そこまで心配することは無いかもしれません。しかし中小企業の場合にはそういった専門家は非常に少ないでしょう。むしろ、ITなどに縁の無い商売をやっている企業では、SFAの導入さえ後ろ向きになってしまいますからね。

それでも、やはり新規顧客獲得や案件管理をきっちりと進めたいと思えばSFAは有効です。ただ、使っていくうちにどうしても機能を追加したくなったり、カスタマイズをしてより使いやすいものにしたくなるようなんですね。既存のグループウェアとの連携なども必要になってくるでしょう。

そんな時、これらの機能を自由に追加できること、これがSFAを見定める大きなチェックポイントとなるんです。いちいちベンダーの担当者を呼んでいてはお金もかかるし、スケジュール調整して・・・なんてやっていたら、いつ、機能追加、カスタマイズできるかわかったものではありませんからね。

ナレッジスイート株式会社

29 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap
スマートフォンにはセキュリティ対策が重要
admin tarafından 20 12月 2018, 00:00

mdmとはmobile device managementの略であり、モバイルデバイス端末管理ツールのことを指します。iOSやandroidなどのスマートフォンやタブレットなど、社外に持ち出して利用することができるモバイルデバイス端末などを企業の統一ポリシーで管理して、紛失や盗難の際の情報漏えいの対策をしたり、不正利用などが起こらないように、情報漏えいリスクからモバイルデバイス端末を守るためのソリューションになります。
mdmのユーザーは、利用制限や指示などのモバイルデバイス管理をクラウド型サービスのmdmに依頼します。そこでスマートフォンやタブレットなどのリモートロック、リモートワイプなどの遠隔コントロールを行っていきます。
スマートフォンやタブレットのデバイス管理としては、資産管理、アプリケーション管理、紛失・盗難対策、不正利用対策、ウイルス対策、i-FILTERブラウザーなどがあります。資産管理にはハードウェア情報、OS情報、アプリ情報などを管理することができます。

20 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap