セールスフォースが強い理由
admin tarafından 18 11月 2016, 00:00

セールスフォースがなぜCRMの市場を我が手にできているのでしょうか。あるコラムで、セールスフォースが他の会社と違う点について述べられていました。

まず導入期間。セールスフォースのCRMの場合には「ハードの調達が不要なので、カスタマイズがあっても2~3ヶ月で導入可能な場合も」あるんだそうです。他の会社の場合にはアプリを追加したい時などソフトベンダーに別に作ってもらうことになるそうですが、セールスフォースの場合にはそんなことしなくても個別のカスタマイズができるんだそうです。

そしてセキュリティ対策。これは重要ですね。基準に適合したセキュリティを備えているため、またインフラの保守も必要ないということで、セキュリティについても安心だそうです。

最後にコスト。こんな世界的シェアを持つ会社のサービスだと高額なイメージですが、標準の機能だけを備える場合は低価格で大丈夫なんだそうです。強いからには、やっぱりちゃんとした理由があったんですね~。

営業支援システム SFA

18 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
ナレッジって何?
admin tarafından 05 11月 2016, 00:00

CRMのメリットを見ていると、ナレッジ化とかナレッジマネージメントという用語がたまに出てきます。ナレッジっていう単語そのものがわからなかったので^^調べてみると「情報」を意味するんだそうです。

なので、CRMにおいてのナレッジ化は情報を個人個人のものから社内あるいはグループ内で一元化し、誰もがそれをいつでもどこでも確認することができるというもの。そしてナレッジマネージメントも結局はナレッジ化と同じ^^言い方が違うだけで、内容的にはほとんど同じようです。

ナレッジ化されるということは、営業マン個人個人だった今までの営業方針から、会社ごと、グループ単位で営業戦略を練り、実行していくものに変わってきているんですね。個人プレイの時代は終わり、グループで一丸となって営業を行って行く。これの方が成功率が高かったり、途中営業方針を変更したり、営業マンのスキルアップも目指せるそうです。

そう言えば、他にも聞いたことの無い単語が営業支援システムにはいっぱいあったな~。。

05 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
アイアンドディーが『Dr.sales』リリース
admin tarafından 03 11月 2016, 00:00

株式会社アイアンドディー(I&D)が提供を開始した『Dr.sales』は、見込み客を絞り込めるスコアリング機能が備わった営業管理ツールなんですよ。3階層管理(法人/個人/各種履歴)により様々な条件設定ができるから、目的に合わせたデータをスピーディに抽出することが可能なのだとか。他にもオプションで、営業管理/スコアリング/電話問い合わせ対応/名刺スキャン/アクセス解析/展示会/フォーム/セミナー管理といった機能も用意されているそう。“営業管理”では、営業担当者の行動履歴を登録し、案件の進捗状況や活動状況を管理できるほか、グループ化した活動結果を集計&表示できます。“スコアリング”では、企業規模や業種などで見込み客を抽出でき、指標の自動コード化機能も備えているそう。「担当者ごとに顧客情報がバラバラに管理されている」「営業と販促活動を一元管理したい」などの課題を抱えている企業は、検討してみてはいかがでしょうか。営業情報を簡単に管理でき、効率的な活用ができるようになると思います。

03 11月 2016, 00:00 - Yorum Yap
機能を見極め、厳選すること
admin tarafından 22 10月 2016, 00:00

新しいシステムを選ぶ際にはコストと効率、という2つの言葉がキーワードになるものです。が、実際にいくつかのシステムを候補とし選んでいくうちに、キーワードはそっちのけで、「あ!この機能はすばらしい!」「今すぐには使わなくても、あったら良い機能だよね!」といった具合に、その見かけに騙されて?次々に機能を増やして購入した、というケースが多く見られます。理解できますよね^^私たちの日常の買い物でも、いつもは行かないようなお店に行くと、ついつい「これも買っておこう!」と必要無いものまで買ってしまいます^^

営業活動や案件管理を行う営業支援システムにおいては、機能を選ぶ際には営業担当者ではなくて管理者が選ぶことも。管理者は良かれと思って豊富な機能を用意してあげても、現場の担当者はこれらを面倒!使いにくい!と思ってしまうんですね。

したがって、営業支援システムにおいても導入前の機能の見極め、厳選は最重要課題と言えるかもしれません。

22 10月 2016, 00:00 - Yorum Yap
CRMは漢方薬のようなもの
admin tarafından 19 10月 2016, 00:00

CRMは漢方薬のようなもの、と明言?が書かれていました。じわりじわりと、気付かないうちに次第に効果が出てくるということでしょうか^^

でもわかりやすい表現ですよね。導入してもすぐには結果が得られないシステムだと。でもこれを聞くと、「じゃ、うちには必要ない!」こんなものという会社も出てきそうですが^^

漢方薬のようなものと書かれていたコラムは、CRMを導入したものの使いこなせていない企業へのアドバイスのようなものでした。すぐに効果は出ないけど、しっかりと運用していけば効果はしっかりと出てくるものなんだそうです。

まずはCRMが定着するように運用のルールを作ること、そして入力にかかる手間を惜しまないこと、集めた情報の活用をすること。

この3つのポイントがきちんと回るようになればCRMを活かすことができ、その結果がその先に見えてくるんですね~。一年先でも二年先でも生きていればアッと言う間ですからね^^そんなに長くはないかもしれませんよ!

https://knowledgesuite.jp/service/sfa.html

19 10月 2016, 00:00 - Yorum Yap
一見とっつきにくいけど
admin tarafından 04 9月 2016, 00:00

富士ゼロックスが提供しているCRMのSkyDesk CRM。実際にこのシステムを使っている会社の感想として、「一見とっつきにくいだけで実は簡単で使いやすい」と書かれていました。他には「低コストかつシンプルで運用業務に必要かつ十分な機能」と言う声も。

富士ゼロックス自体は日本では知らない人がいないくらいに有名な企業ですよね。なので、中小企業などではシステムが大き過ぎて使いこなせないのでは?と思ってしまいそうですが、実はそうでもないようですね。一見とっつきにくいけど、という言葉がそれを物語っているような気がしました。

小規模から始められること、営業日報と案件管理を両方ともにできること、15,000件以上の導入が実現されていることなどが評価されていて、さらに大幅なコストダウン、他のCRMからの乗り換えも多いのがこのSkyDesk CRMの特長でもあるそうです。そして、富士ゼロックスのサービスというのも信頼性を高めていますよね!

KnowledgeSuite

04 9月 2016, 00:00 - Yorum Yap
顧客の行動を分析するだけではなくて
admin tarafından 26 8月 2016, 00:00

ビジネスを長く維持し、収益を高めるためには、自社がどのような層をターゲットにするのか、自社製品やサービスを利用しなくなる理由は何か、的を得たマーケティングができているか、これらのことがしっかりと把握できていないといけません。

そこで、ビジネスのプロセスにおいて必要性の高いものの1つに顧客の行動を分析することがあります。CRMによって、この顧客の行動の分析が今は行われていますが、では顧客の行動分析ができることで、どのような目的を達成していくことができるのでしょうか。

実際の目的としては、製品やサービスを購入する顧客を増やすこと、その客の購入率を上げていくこと、さらに繰り返して購入してもらうこと、優良顧客を育成していくこと、顧客が離れていかないこと、これらがあるんですね。

すべての目的が達成されれば企業の収益は確実に上がるでしょう。でも、そんなにうまくいくものなのかな~とも感じますね^^顧客の行動を分析するだけでなくて、心も知ってほしいものですね。

KnowledgeSuite

26 8月 2016, 00:00 - Yorum Yap

高い機能性とセキュリティ性を併せ持つスマートフォンといえば、iPhoneが思い浮かびます。だからこそiPhoneをビジネスに活用する人が多いのでしょう。かくゆう私もiPhone派です。しかしもしもそのiPhoneが故障してしまったら?大抵の人は「アップルストアに持ち込めばいいのでは?」と考えているはずですが、iPhoneの修理ができるアップルストアって実は全国に8店舗(札幌・仙台一番町・表参道・渋谷・銀座・名古屋栄・心斎橋・福岡天神)しかないんですよ。少なっ!予約を取るのも大変なんです。このアップルストア修理を攻略するためには、まず最初にAppleのホームページからGenius Bar(対応してくれるスタッフの時間)を予約するところから始めなければなりません。パソコンからも予約できますが、それよりもオススメなのが「Apple Store」アプリです。パソコンよりもずっと簡単に予約できるんですよ。『起動→「お近くのストア」から最寄りのストアを探す→Genius Barを選択→自分の都合に合った時間を予約』という具合です。また他ストアの直近の空き時間確認もできますよ。覚えておくだけで、いざという時に便利だと思います。

06 8月 2016, 00:00 - Yorum Yap

営業日報を上手く活用できないでいる企業は少なくないでしょう。だからと言って新しいシステムや高い管理ソフトを採用するのは、設備の導入に時間がかかるしハードルが高い…そんな中小企業やSOHOの方にオススメしたいのが、マーベリック・ウェブ・ワークス株式会社が提供するクラウド型営業日報『クラウド日報』です。その魅力は何と言っても、低価格で利用できるという点。低価格ならそれなりにしか効果はないのではないか?と思うでしょうが、それは違います。このクラウド日報のメリットは、「クラウドベースだから設備投資コストを大幅に抑えて導入でき、決定から導入まで短時間に押さえることができる点」「パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末からも日報入力ができる点」「集約された日報データをもとに、進捗状況の管理やコスト指標などが表示できる点」などが挙げられます。クラウドだからこそのメリットが多いですね。また導入準備やデータ分析などのオプションサービスを付ければ、分析の手間が省けますし、問題を見付けだして判断をスピーディに下すことも可能だと思います。導入した後も365日いつでも電話サポートが受けられるので安心ですよ。30日間は無料で試せるサービスも実施していますので、まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

17 7月 2016, 00:00 - Yorum Yap
Growth EdgeTMを今月17日より提供
admin tarafından 10 7月 2016, 00:00

電通など4社で共同開発したCRMソリューションが今月の17日から提供がスタートしているそうです。このソリューションの名前はGrowth EdgeTM。「アプリから実店舗までの複数チャネルを結び付け、多様なデータの分析から運用までをワンストップで実現」できるというもの。ネットとリアルから導き出される多くのデータ、雑多な種類のデータを分析し、それを運用まで可能にした、まさに今の時代にふさわしいツールということなのでしょう。

なぜこのような営業支援ツールを開発している人たちはネットとリアルの情報の一元化を求めるのでしょうか。。リアル店舗での販売力を上げたいから?ユーザーの趣向や特性をいち早く知り、他の企業よりも競争力を高めたいから?ま、そんなとこかもしれませんね。また、コストを低く抑えられる、というのもこのようなツールの特長かもしれません。実際に人が動いて何かをするよりも、ツールを使えば時間もコストも低く抑えられますからね。

これから私たちの生活は、このようなツールによってある意味意図的に導かれていくのかも。。。

SFA(営業支援システム)料金の特徴

10 7月 2016, 00:00 - Yorum Yap