企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、会社として支給する方法と、私物のモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodの方法の2つの導入方法があります。
byodを導入する場合には、いくつかの課題を解決しなければなりません。そのためには的確な運用方針を導入前にきちんと決定しておくことが重要でしょう。
従業員と企業とが双方に合意できるレベルでの運用方針の決定が大切です。例えば、業務中のプライベート用途での利用を強制的に制限した場合、セキュリティ対策としては強固なものになるでしょう。
ただ従業員側からはクレームが来る場合もあります。この場合、業務時間内は企業が指定する業務用途以外にスマートフォンやタブレットなどのモバイるデバイス端末を利用できないという強制的な利用制限も可能です。セキュリティレベルを少し下げる場合、業務用途での利用時にのみ企業ルールを強制するという設定もあります。

10 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap
顧客対応如何で・・
admin tarafından 06 12月 2018, 00:00

なんとなく身近に感じていた全国的に有名な会社に、これからその会社のサービスを利用しようか迷い、それとなく電話をかけてみたところ、とにかく対応が悪い悪い^^

電話に出たスタッフが、いかにも「習ったことしか言わない」人でした。なので、返ってくる言葉がすべて同じ。私の聞きたいことに正解を答えてはいるんですが、その言い方や伝え方に大きな問題を抱えている、と感じました。よって、この会社のサービスを利用しようとは思わず、地域では有名な会社の方に電話。すると、前の会社とはまるで正反対で、電話をかけてくれたことにありがとうございます!といった丁寧な扱いを受け、この時点で利用を決めました。

きっと営業職の人ってこういうことなんだろうな、と思いますね。SFAなど新規顧客を獲得するためのツールを活用して・・とか言いますが、それよりも、しっかりとした顧客対応をやっていれば、自ら営業に出向かなくても客の方からやってきてくれるものだと。顧客対応如何で、企業はどうにでもなるものだと感じましたね。

sfa料金

06 12月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdmによって得られる企業側のメリット
admin tarafından 30 11月 2018, 00:00

mdmはmobile device managementの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理する管理ツール、ソリューションのことを言います。企業や教育現場ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進められており、企業でモバイルデバイス端末を業務で使用する場合、mdmツールによる一元管理は必須となります。
mdmツールは紛失・盗難時の情報漏えい対策、セキュリティ対策、スマートフォンの不正利用を予防する防止策、セキュリティポリシーの一斉適用によるモバイルデバイス端末管理の効率化に役立ちます。mdmの導入によるメリットをまとめてみると、不正利用の防止ができる、モバイルデバイス端末情報を収集でいる、モバイルデバイス端末の一元管理などがあります。企業としてモバイルデバイス端末を導入する場合、そのモバイルデバイス端末がどのような状況にあるかを確認しておく、把握しておくことは非常に重要です。

30 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
最新の顧客の情報がわかる
admin tarafından 22 11月 2018, 00:00

名刺の管理ツールを使っていると、最新の顧客の様子、情報もわかるようになります。名刺情報を社内で一元管理して、名刺に書かれていることだけが名刺管理ツールで可能になる、と思っていませんか?

確かに一部のシンプルな、情報管理のみのアプリではそれだけの機能かもしれませんが、無料のアプリでもある程度SFAやCRMなど営業情報なども多少は記録していくことが可能です。

もし、これから会いに行こうとしている顧客に、別の部門の社員が働きかけていたとしたら・・。二重に営業してしまうこととなり、会社全体の信用にも大きな影響を与えてしまいます。でも、事前に名刺の管理ツールでこの顧客について情報の確認をしておけば、二重営業の可能性は低くなりますし、次の営業に繋がる情報をこのツールから得ることも可能になるんです。

22 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
mdm導入目的から分かる必要な機能
admin tarafından 20 11月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末製品を業務で導入するにあたり、mdmを同時導入しモバイルデバイス端末の一元管理を行うケースは非常に多いです。mdm製品の導入にあたtって最も重要になるのは、mdm得導入の目的を明確にすることです。つまりmdmの導入によってどのようなことを達成するのか?達成したいのか?をはっきりさせておく必要があるでしょう。
mdmの導入目的を明確にすれば、mdmに求める機能の見極めが容易になるのです。
mmdmdmに求める目的が違うと、必要となる機能も異なってきます。よくあるmdmの導入目的と言えば、モバイルデバイス端末新規配布時に必要になる各種設定や、モバイルデバイス端末配布後の設定変更を簡便そして迅速に行って、大量のモバイルデバイス端末を一元管理したいということです。
この機能目的として、資産管理、遠隔ポリシー設定や実行、アプリケーション配信・削除などのmdm機能が必要となります。

20 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
便利なbyodの課題とは?
admin tarafından 10 11月 2018, 00:00

byodは個人所有のスマートフォンやタブレットなどを業務でも利用することをいい、bring your own deviceの略です。
このbyodは2016年の段階で1200万人に達しています。
byodが普及する理由としては使い勝手の良さがあります。従業員が普段使っている私用のモバイルデバイス端末を利用して仕事ができるので、ストレスを感じることなく、業務に集中することができます。
byodは適切に実現されれば会社支給のモバイルデバイス端末導入と比較してもメリットが多い運用方法と言えます。経営者側としてもモバイルデバイス端末、通信コストを低減することができますし、従業員の業務効率アップにもつながります。
ただbyodにはたくさんのメリットがある反面、課題も山積みになっています。byodの6~8割は未承認で使用されていることが多く、情報漏えいリスクの危険性が非常に高いです。課題をしっかりとクリアにしていく必要があります。

10 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
急速に普及しているものの
admin tarafından 08 11月 2018, 00:00

SFAの普及が日本でも急速に広まっています。日本にSFAが渡ってきた30年ほど前は、まだ日本はバブルの景気がうす~くですが残っていた頃。また、営業の手法も先輩の背中を見て倣え、自分の経験から得る知識や勘、そして最後は根性がモノを言うんだ!というのが常識の世界でしたから、SFAといったアメリカもののシステムなんて受け入れる営業マンは非常に少なかったと思われます。さらに、アメリカの営業はチームで行うもの。日本の属人化された営業、他の営業マンはライバル、といった意識は根強く、SFAとは全く思考がかみ合わない状態だったようです。

しかし、バブルの余波は数十年間とどまり、このままではいけいないと危機感を持った企業が続々と営業の仕方を変えてきて、その中でSFAの導入が進み、個人からチームでの営業に形を変えてきています。それを見たライバル企業、そして中小企業も右に倣え!と言う感じで、SFAを導入し始めたことから、普及が急速に進んできるんですね。

ただ、導入は進んでも実際にどれだけ活用され、売り上げの拡大につながっているのかは・・疑問です。

顧客管理ソリューション

08 11月 2018, 00:00 - Yorum Yap
一気に20枚を見ることができます
admin tarafından 28 10月 2018, 00:00

名刺の管理ツールでスマートに名刺情報を持ち歩くビジネスマンも増えていますが、ファイルを持ち歩いてアナログで名刺を管理している方もまだまだいらっしゃるようですね。

ファイルと言ってもただのファイルではありません。開けば一気に20枚の名刺を見渡せるものもあったりするそうです。デジタルだと、20人分の情報を見る時にはきっと担当者の名前をスクロールしながら、という風になると思いますが、ファイルであればすべての情報を見渡しながら、欲しい情報、忘れていた情報、後に役立ちそうな情報を確認できます。

デジタル化がさまざまな分野で進んでいるものの、まだまだアナログには負けてしまう点もあるということですよね。どちらを取るかは、あなた次第です^^

28 10月 2018, 00:00 - Yorum Yap
かなり簡単になります
admin tarafından 16 10月 2018, 00:00

CRMを使うことで、メールの配信がかなり簡単にできるようになるのをご存知ですか?

客がネットショップから商品を購入してくれたら、サンキューメールやフォローメールを送り、少し期間が空いたところでクロスセルのためのメールを送ったりしますよね。これが効果的に働くと、新規顧客がいつの間にか優良顧客にまで育成できます。

そこでCRMの出番となるのです。顧客の情報を一括管理でき、それぞれの顧客が好む商品の種類などもわかるようになるんです。これらをメールでお得になるクーポンなどと送れば、顧客は喜んでくれるはずです。しかも、メールの配信もそれぞれの顧客の購入期間に合わせてくれるため、これまでエクセルなどを使ってメール配信に手間取っていた人には、信じられないほど簡単で的確なメール配信ができるようになるんです。

最近ではSNS機能があったり連携機能があったりして、顧客とのやりとりがより身近にできるようになったりもしています。

16 10月 2018, 00:00 - Yorum Yap
一人で営業してる気がしない
admin tarafından 02 10月 2018, 00:00

名刺の管理ツールを使えば、いつも一人で動いていた営業という仕事が、二人、グループでというように、一人だけの心細い業務では無くなるんだそうです。

そういえば、SFAなどもチームで営業しているような気になるそうですが、名刺の管理ツールでもそれは可能なんですね。。

どういったことかと言うと、同じ部署のスタッフはもちろんのこと、別の部署のスタッフにも協力を得られると。名刺の管理ツールは人脈を透明化してくれます。自分に知識が足りなかったり、情報が不足して困っている時、その知識や技術に長けた人物を人脈から見つけ出し、相談することが可能になるんですね。

これまで絶対に接点を持つことの無かったスタッフとも繋がりができることで、さらに人脈は広がり、一人で営業する心細さも解消されるんだそうです。

SalesForceAutomation

02 10月 2018, 00:00 - Yorum Yap