ビジネスで利用するandroid端末の管理
admin tarafından 16 6月 2018, 00:00

mdmとはandroidなどのモバイルデバイス端末を企業にあったそれぞれのポリシーに基づいて管理するという概念のもとに行われる管理つーつになります。
モバイルデバイス端末の情報の一元管理や、リモートワイプ、リモートロック、位置探知などの機能によって、紛失・盗難といわれるセキュリティリスクにそなえることが可能です。
現実には企業全体でmdm導入を判断するよりも早く、個人の判断でスマートフォンやタブレットなどをビジネスで利用しているケースが非常に広がっています。
そのため企業これらのモバイルデバイス端末を管理する必要があるでしょう。
本来であればパソコンやサーバーなどの管理に利用してきた既存の資産管理ツールをモバイルデバイス端末にも利用したいとことですが、現状ではスマートフォンやタブレットまでを網羅できる資産管理ツールという製品はまだ登場していないという現状があります。そこでandroidなどの端末管理にはモバイルデバイス端末管理ツールであるmdmを利用することになります。

16 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap
リストに入れっぱなしにしてませんか?
admin tarafından 15 6月 2018, 00:00

顧客情報をきちんと管理することは、非常に良いことです。CRMなどを使い、顧客のあらゆる情報を一元管理しておく。その中には、顧客をランク付けして、優良顧客、既存顧客、見込み顧客と分けておく。それぞれの顧客に最適な営業を行う。これが理想なのですが、頭では計画をしていても、実際には難しいものですよね。

営業に出ようとすると、やはり行きたいのはいつも行っているお得意様。優良顧客のところへ御用聞きでも良いので行っておけば、そのうち再購入をしてくれるのは間違いありません。また、1ヵ月とか2ヵ月ほど営業に行っていなかった既存顧客の訪問などを行っていると、見込み顧客のリストなんて見ることも無いかもしれません。

でも、もしかしたら、そのリストに入れっぱなしの顧客が、優良顧客へと変わる可能性だってあるわけです。CRMを活用して顧客をランク分けするのも結構ですが、顧客情報を存分に使い切る、という考え方はしっかりと持っておきたいですね。

15 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap
紛失時のandroid端末管理
admin tarafından 06 6月 2018, 00:00

androidの端末管理を行うツールは数多くあります。
android端末をなくした時にも安心なのがandroidデバイスマネージャーです。
androidデバイスマネージャ―では自分のアカウントに紐づいているandroid端末の現在地をGoogleマップ上で確認することができるサービスになります。
着信音を最大音量で鳴らす機能もあり、android端末を紛失した時に非常に役立ちます。
またGoogle設定アプリで設定を有効にしておけば、リモートワイプやリモートロックによって端末内のデータを保護する機能もあります。
リモートワイプではandroid端末がオフラインの状態でも次回オンライン復帰時にデータ消去を実行することができます。また自分の連絡先を表示することで、android端末が手元に戻ってくる確率が高くなります。
またリモートロックでは新しい画面ロックパスワードの設定、ロック画面にメッセージの表示をすることも可能です。

06 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap
日報にかける時間を短くしたい!
admin tarafından 04 6月 2018, 00:00

営業マンの方たちは、みんな思っていることでしょう。日報にかける時間を短くしたい!と。疲れて会社に戻ってきて、それからまた日報の記入作業。複数の営業先を回ったあとでは、最初に回った営業の中身は詳しくは覚えていないことも多いですよね。それに、複数の日報を仕上げるのに何時間かかるのか・・。本当に気が重い作業です。

でも、この長年の営業マンたちの悩みを即、解決できる方法があるんです。それはSFAを導入し、活用すること。

SFAの中の日報機能、あるいは案件管理の機能を使うことで、出先からでもスマホ、タブレットを利用して日報を入力することができるようになります。営業が終わった後、次の営業先に行く隙間時間を使って入力。また、項目設定により、チェックするだけで完了する日報もあるんです。

さらに、営業先で他の商品の資料が欲しい、見積もりが欲しい、と言われた場合にも、SFAがあればその場で作成ができますから、業務全体の効率かも可能となるんですね。

04 6月 2018, 00:00 - Yorum Yap
byodのセキュリティの低下は課題となる
admin tarafından 26 5月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務活用は多くの企業で導入が進んでいます。
中には企業が支給するモバイルデバイス端末ではなく、個人の所有しているモバイルデバイス端末を業務でも利用するbyodを導入する企業もあります。
ただbyodを導入するにあたっては企業が検討するべき課題がたくさんあります。
byodとは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務利用することをっします。
byodは業務効率化、コストカットなどのめりttおが多いことから、日本でも導入する企業が増加しています。
ただbyodにはメリットだけではなく、課題もあります。
特に大きな課題となるのがセキュリティの低下になります。
byodをうまく導入するためには、セキュリティの低下という課題に対してしっかりと対策を行っていかなければなりません。セキュリティの低下という課題に関してはmdmツールの導入が欠かせなくなるでしょう。

26 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
小売りの場合には
admin tarafından 19 5月 2018, 00:00

CRMと一口に言っても、使う会社の形態によってもどういった役割を課すことができるのか違うんですよね。例えば小売りのお店の場合です。小売のお店で最も私たちが嬉しいポイントサービス。これは、実はCRMによってサービスされているんです。

ドラッグストア、百貨店、家電量販店、マーケット、どんな小売りのお店でも、ポイントサービスが展開されていて、ちょっとずつではありますが淘汰もされていますよね。ユーザーとしては嬉しい限りです^^このポイントサービスのカードを作る際、個人情報を書きますよね。これがCRMの第一歩にもなるんです。

属性情報をデータとして入れておくと、次にどのような商品をいつ購入したのか。購入回数が増えていけば情報も溜まり、それぞれの顧客に最適な商品の提案やクーポンの発行が簡単にできるようになります。また、顧客としてはポイントが貯まればその分を値引きしてもらえるので、お得感もありますよね。

CRMにおけるポイントサービスは、企業とユーザーがウィンウィンの関係になれるサービスでもあるんですね。

19 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
VPPの登録のながれ
admin tarafından 16 5月 2018, 00:00

VPPはapple Deployment Programsの一部になるため、オンラインでApple Deployment Programsのアカウントを作成する必要があります。
登録されるメールアドレスはそのままVPPでアプリを購入する時に使われる新しいApple IDになるので、既存のApple IDですでに使用しているメールアドレスは登録することができません。
無事にAppleDeploymet Programsのアカウント登録が完了したら、登録したメールアドレスとパスワードでサインインします。2ステップ認証になるので、指定された携帯電話にSMSで届く4桁の認証コードも入力して、サインインが完了します。
アプリケーションを一括購入してモバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のAppストアやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
メニューからVPPをクリックすれば、Business Storeにサインインという表示がでるので、それにログインします。

16 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
店舗集客やCRM強化をサポートすることで
admin tarafından 13 5月 2018, 00:00

電通が、無線LANに接続するアプリ、タウンWiFiを提供している企業と資本業務の提携をしたことがネットニュースで話題になっていました。「提携を通じ、位置情報に基づく広告配信につなげる。」とのこと。

私、いまいち公衆の無線LANについてよく分かっていないのですが^^、すぐに使えるわけではなくて事前に会員登録が必要なものが多いんですよね。これをしなくても自由に使えるものもありますが、登録が必要なものはその登録方法もその場所に掲載して欲しいな~と思うわけです。。

で、今回の電通のサービスですが、CRM強化をエサに^^提供企業を増やしていこうとしているようです。客を集め、その客をリピーターにしたり優良顧客へとランクアップさせることができる、それがCRMですよね。

位置情報ならぬ空間情報、そしてユーザーのWiFiからのリアルタイムな行動データによって、「マーケティングソリューションを共同で開発」し、店舗集客やCRM強化できるそうです。

13 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
課題解決のために
admin tarafından 01 5月 2018, 00:00

全ての会社で、と言っても過言ではないかもしれません。自社の営業における課題というものが存在していることは。

より多くの商品やサービスを、スピーディーに販売、社員たちの手間を省き、コストを抑えつつ効率的に販売する。しかしそれは本当に理想の理想。現実的にこんなことをやっていると、顧客が良い思いをすることは無く、、社員からも多くの反発が出てくるでしょう。

SFAは顧客のニーズを把握した営業が可能となり、社員にも業務効率化を実践させてくれる営業支援ツールです。また、課題の解決に大きく貢献できるんですね。

人の手に頼っていた営業報告、営業情報、営業手法をすべてSFAの中に記録していきます。すると、その情報はリアルタイムで他の社員に知らされ、営業に関するすべてが共有化されていくんです。

また、これまであまりコミュニケーションを取っていなかった人、部署とも自然に関係性が生まれ、コミュニケーションをうまく取っていくことが可能になります。

PCDAがきちんと回らなかった会社でも、SFAによって改善されるんです。

01 5月 2018, 00:00 - Yorum Yap
現場での枠組みが大事
admin tarafından 28 4月 2018, 00:00

CRMの活用をスムーズに、そして定着を図るのに最も重要なこと、それは現場での枠組みを大事にすることです。

導入前、CRMの選定の段階から現場で実際に活用する人たちの意見や要望をまずは取り入れること、そしてテスト期間を設けて具体的に使ってみての意見を聞くこと、さらに現場でどのような枠組みで活用していけば運用が定着するのかを一緒に考えること、これらを実践しないといけません。

これらはすべて経営陣、管理者、そして現場での利用者、3者がチームを作って行うことが大切です。コスト、成果から考える人、管理をする立場の人、実際に使う人、といったように、それぞれの立場から見た感覚も必要なんですね。

ここまで書くと、CRMって相当導入が難しそうだから、今回は持ち越そうか?とは思わないでくださいね^^しっかりとした現場の枠組みづくりまでができれば、あとは多くのメリットを生むからなんです。他のシステムも同じですよね。最初は面倒で負担が多いシステムでも、使い慣れていけば利益を生みます。みなさん、頑張りましょう!^^

knowledgesuite.jp

28 4月 2018, 00:00 - Yorum Yap