CRMは漢方薬のようなもの
admin tarafından 19 10月 2016, 00:00

CRMは漢方薬のようなもの、と明言?が書かれていました。じわりじわりと、気付かないうちに次第に効果が出てくるということでしょうか^^

でもわかりやすい表現ですよね。導入してもすぐには結果が得られないシステムだと。でもこれを聞くと、「じゃ、うちには必要ない!」こんなものという会社も出てきそうですが^^

漢方薬のようなものと書かれていたコラムは、CRMを導入したものの使いこなせていない企業へのアドバイスのようなものでした。すぐに効果は出ないけど、しっかりと運用していけば効果はしっかりと出てくるものなんだそうです。

まずはCRMが定着するように運用のルールを作ること、そして入力にかかる手間を惜しまないこと、集めた情報の活用をすること。

この3つのポイントがきちんと回るようになればCRMを活かすことができ、その結果がその先に見えてくるんですね~。一年先でも二年先でも生きていればアッと言う間ですからね^^そんなに長くはないかもしれませんよ!

https://knowledgesuite.jp/service/sfa.html

Kategori: 未分類