見た目の分り易さを重視
admin tarafından 22 2月 2017, 00:00

営業情報と一口に言っても、案件管理、顧客管理、日報など様々な種類があります。これらは社内にあるシステム、メール、ペーパーなどで保管されていたと思いますが、本当にバラバラですよね。

何か一つの情報を集めようにも、素材がバラバラであるために探す、集める、分析する、というステップをやり遂げるまでにどれだけの時間と手間がかかってしまうのか。そこでSFAを採用して営業情報を一括管理。さらに社内で共有することでシンプルに素早く情報を使いたい!という会社が増えてきているんですね。

導入の選定ポイントとしては、コストと機能が自社に合っているか、今まで使っていたグループウェアなどとの連携がスムーズに行えるのかなどが挙げられますが、営業担当者が無理なく操作できるのか、これも大きなポイントになるそうです。

海外のものだと見た目がわかりづらく、営業担当者が使うことを止めてしまうケースもあるとのこと。日本で作られたものはやはり日本人に合った画面づくりがされているんですって。最も利用時間の多い営業担当者に優しいツールを選ぶことも大事なんですね。

本記事はこちらの製品を参照しました。

Kategori: 未分類