営業分析をして成果を上げよう
admin tarafından 29 3月 2017, 00:00

努力はしているけれど、なかなか売上げが上がらない…と悩んでいる企業は少なくないでしょう。「何を改善すれば、もっと成果が上がるのか?」営業マネージャはこう考えますよね。そのような時、月次報告書を見たり一つ一つのデータを見たりするだけでは、改善の糸口は見えてきません。それにはデータの分析が不可欠なんですよ。営業データ分析のポイントは以下の通り。「いくつもの切り口から大まかに事実を眺めて気になる変化や違いを見付け、何か気になる変化があれば、そこから改善のヒントはないか深掘りすること」「営業の負担が増えてしまうため、データの項目数を必要以上に増やさないこと」「気になる取引や商談履歴を見つけた時は、商談の詳細な経緯を時間を遡って商談分析すること」この時、SFAやCRMを利用すればスムーズに商談のやり取りを把握することが出来るでしょう。このように営業分析を行うことで、改善方法をいち早く見出し、具体的な行動計画として現場に展開できるというわけです。データが活用されて成果に繋がるようになれば、データの量や質が高まり、売上げ向上につながっていくと思います。

Kategori: 未分類