最低でもこれだけは
admin tarafından 29 4月 2017, 00:00

SFAを使った営業日報も効率的ですが、それが無くても最低限度の報告内容を送ってくれれば、管理者は営業マンたちをうまく束ねることができるとどこかのコラムに紹介されていました。

どのような商談を進めたいのか、時期、担当者、実際にどのようなアプローチをしたのか、実際にどのような話しをしたのか、確認事項、提供した情報。こういったことを営業プロセスとして日々記録しておくことで、管理者はそれぞれの営業マンの状況を把握することができるんですね。

また、営業マンもこれらの項目を常に意識しながら営業を進めることで、いつ誰に何かを聞かれてもきちんと説明ができ、自分でもどのように進んでいるのかをわかって過ごすことができるんですね。

もし、その商談が失敗に終わったとしても、どの時点で失敗につながる行動があったのか、あるいはもともと商談しようとしていたものと取引しようとしていた会社とのニーズが合っていなかった、といったこともハッキリし、次の営業への手がかりが掴めることも可能です。

sfaとは

Kategori: 未分類