後発の強み
admin tarafından 13 8月 2017, 00:00

現状において携帯端末、タブレットも含めた機種における「OS」は主に3種類。iOSにWindows、そしてAndroid。スマホに限ればiOSとAndroidがシェア争いをしている形だが、タブレット方面からWindowsもモバイル戦争に参戦、Windows搭載のスマホも姿を表したが、シェアの一角を切り崩す程の存在にはなれなかった。MDM管理を考えると、最終的には1つになってくれた方がラクなのは間違いないだろう。子供の頃からよく「ゲーム機1つになんないかなぁ」とも考えていたが、現状でもOSやブラウザもさっさと淘汰されて一元化してもらいたいのが本音だ。そう考えるとAndroidは随分と奮戦していると言えるだろう。グーグル自体がインターネットの申し子と呼ばれるように決して歴史ある会社ではない。一方でアップルとマイクロソフトはPC、OSの分野では既に40年近く戦っている老舗だ。そこと対等に渡り合える新参者というのも面白い図式であるし、後発ゆえの強みとしてフットワークの軽さと柔軟性を有しているのが特徴だ。一元化を望む反面、やはり競争相手もさらなる発展には必要な要素と言えるだろう。mdmを提供する企業サイトから

Kategori: 未分類