費用対効果がよいかどうかを確認しよう
admin tarafından 16 9月 2017, 00:00

スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを企業で導入して、ビジネス効率をアップさせる場合、メリットの他にも課題が浮き彫りになってきます。スマホやタブレット端末などのモバイルデバイス導入後の最大の課題は費用体効果が見えないことでしょう。
社員に渡した端末がどこにあるのか?渡した端末はちゃんと使われているのか?業務で活用されているのか?などの活用状況を把握することが重要になってきます。
そこでmdmツールを活用することで、スマートフォンやタブレット端末の位置情報や活用状況を見えるようにして、移動履歴の確認、不正操作のチェックも行ってくれます。
また業務に活用できている社員の使い方や利用アプリケーションなどの、活用ノウハウを社会で展開することもできます。
費用体効果が得られやすいように、mdmツールを提供しているメーカーでは様々な取り組みがされています。
企業でモバイルデバイスを導入するにあたりmdmは欠かせない存在になっており、その点を踏まえた上でmdmを、活用していきたいですね。

Kategori: 未分類