情報が共有できるということは
admin tarafından 22 2月 2018, 00:00

SFAを導入すると、毎日の営業プロセスが社内で共有できるというメリットがあります。実際にはどのような点において良いのでしょうか。

日々、営業に出てその報告をするというのは、非常に時間がかかり面倒なものですよね。そらにはそれらを一週間、一か月と一定期間が経てばまとめてさらに会議などで報告しなければなりません。内容のまとめ、資料作成、そして会議。これらにもまた、時間と手間がかかります。しかし、次々と上げた営業報告を共有していれば、こういった一連の無駄ともいえる時間と手間が必要なくなるわけですね。

また違う部署とも共有しておくことで、つながりが出来てきます。大きな企業になればなるほど、部署同士の横のつながりは希薄になると言われています。マーケティング部署が弾き出したデータをもとに営業部署が動く。しかし、結果的に成果が出なければ、互いの部署を非難することになりますね^^

しかし営業プロセスが共有できていれば、どの時点で何が悪かったのかが明確になるため、両方の部署で納得しながら業務を進めることができるようになるんです。

詳しくはこちら

Kategori: 未分類