教育現場でタブレット端末などのスマートデバイスを導入すると授業に興味を持ってくれる生徒はたくさんいます。子供たちの興味を授業に惹きつける効果に優れているタブレットは、使い方によっては学習の集中力の低下につながることもあります。そこでmdmでは時間帯によって異なるポリシーをタブレットなどのスマートデバイス端末に設定する機能を持っています。授業中にはブラウザや、Appストアなどの利用を制限して、授業が終わったらその制限を解除して調べ学習などでタブレットを効率よく利用できる環境を提供することができます。このようなmdm機能をうまく活用すれば学習効率の低下になることはなく、むしろ学習効率アップにつながるのでおすすめです。
さらにmdmツールの機能には紛失や盗難時に遠隔操作でタブレット端末をロックして不正利用を防ぐ遠隔ロックやパスワードの強制化、インストールの制限、カメラの使用制限などのスマートデバイス端末の制限を行う機能もあります。国内のBYODの状況スマートデバイスの安全管理

Kategori: 未分類