開発企業も改善が
admin tarafından 22 3月 2018, 00:00

CRMを導入しても、大成功を収める企業もあれば全く逆の企業もあります。CRMはそもそも「顧客ロイヤルティーを上げるためのツール」であるにも関わらず、導入をした企業に対してアンケートを取ってみるとロイヤルティーは低い傾向にあるんだそうです。ということは、CRMというツールが使いこなすには難しいものである、ということが分かってきますよね。

そこで、CRMを開発している会社は顧客に導入の段階からどういったことを改善すれば顧客ロイヤルティーを上げられるのかどうか、さまざまな点を確認し、改善を図っているようです。まずは自社のCRMを紹介するサイトでは、自社のツールはこのように簡単ですよ!コストも低くて済みますよ!と、機能ばかりを強調せずに使いやすさを前面に押し出すようにしています。

管理画面はパソコンに詳しくない人でもとっつきやすいもの、Excelから移行する場合にはExcelに似た仕様となっているもの。そして、他のツールとの連携により、1回の入力でほかのツールに自動入力されるもの。こういった工夫、改善が施され、今も進化し続けているんです。

CRM比較情報

Kategori: 未分類