利便性とセキュリティを両立させることで新しいワークスタイルを実現できると言われているBYOD。近年日本企業においてもスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括導入する会社は増えてきており、その中でも企業が端末を支給するのではなく、個人のスマートフォンやタブレットなどの端末を業務でも使用するBYOD事例が増えています。
BYODは端末を支給する際に必要となるコストを削減できるので企業にとってはメリットがあるものの、セキュリティ面の不安、通信費などスマートデバイス端末の費用負担のルールなどをきちんと決めなければ従業員側も企業側も納得できません。
この点がネックになって導入に踏み切れない企業がいるというのも事実です。
BYOD導入は、利用者の利便性をしっかりと確保しながらしっかりと一括管理できるようなシステムを確立することが重要です。Mdmはモバイルデバイス端末一括管理のシステムツールでありBYOD導入する場合にも欠かせない管理ツールとなります。byod

Kategori: 未分類