現場での枠組みが大事
admin tarafından 28 4月 2018, 00:00

CRMの活用をスムーズに、そして定着を図るのに最も重要なこと、それは現場での枠組みを大事にすることです。

導入前、CRMの選定の段階から現場で実際に活用する人たちの意見や要望をまずは取り入れること、そしてテスト期間を設けて具体的に使ってみての意見を聞くこと、さらに現場でどのような枠組みで活用していけば運用が定着するのかを一緒に考えること、これらを実践しないといけません。

これらはすべて経営陣、管理者、そして現場での利用者、3者がチームを作って行うことが大切です。コスト、成果から考える人、管理をする立場の人、実際に使う人、といったように、それぞれの立場から見た感覚も必要なんですね。

ここまで書くと、CRMって相当導入が難しそうだから、今回は持ち越そうか?とは思わないでくださいね^^しっかりとした現場の枠組みづくりまでができれば、あとは多くのメリットを生むからなんです。他のシステムも同じですよね。最初は面倒で負担が多いシステムでも、使い慣れていけば利益を生みます。みなさん、頑張りましょう!^^

knowledgesuite.jp

Kategori: 未分類