企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、会社として支給する方法と、私物のモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodの方法の2つの導入方法があります。
byodを導入する場合には、いくつかの課題を解決しなければなりません。そのためには的確な運用方針を導入前にきちんと決定しておくことが重要でしょう。
従業員と企業とが双方に合意できるレベルでの運用方針の決定が大切です。例えば、業務中のプライベート用途での利用を強制的に制限した場合、セキュリティ対策としては強固なものになるでしょう。
ただ従業員側からはクレームが来る場合もあります。この場合、業務時間内は企業が指定する業務用途以外にスマートフォンやタブレットなどのモバイるデバイス端末を利用できないという強制的な利用制限も可能です。セキュリティレベルを少し下げる場合、業務用途での利用時にのみ企業ルールを強制するという設定もあります。

Kategori: 未分類