スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れているたため、どうしても紛失、盗難のリスクが高くなってしまいます。
そこでmdmツールによってモバイルデバイス端末を一括管理している場合には、リモートワイプなどの機能を利用することができるのです。
リモートワイプは紛失、盗難されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の中に保存されているデータや個人情報、機密情報などを遠隔操作で消去し、回線停止が実行できるクラウドサービスになります。紛失、盗難にあったと気づいてすぐにリモートワイプを設定することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が第三者によって不正利用されたり、情報が漏えいされたりするリスクを回避することができます。
利用者はmdmツールを管理しているチームに電話1本でリモートワイプの依頼を行います。紛失に気付いた場合には、すぐに専用ダイヤルに電話をかけパスワードなどを入力。その後自分でリモートワイプを行うことができるため、最悪の事態に免れました。

Kategori: 未分類