VPP利用で得られるメリットとは?
admin tarafından 30 8月 2018, 00:00

VPPは企業や教育機関でスマートフォンやタブレット、ノートPCなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせないプログラムになっています。
アプリケーションの購入、配布を簡単にそして効率よく行えるapple社が提供するサービスであるVPPはビジネス向けに作られたプログラムです。VPPで購入してユーザーに配布されたアプリケーションは、ユーザーがいなくなったり、退職したりしてそのアプリケーションが必要なくなった場合には、所有権をいったん回収することで、別のユーザーにそのまま再利用できるように設定することができます。
再利用できるように設定しておけば、アプリケーションの所有者は簡単に移し替えることができ、企業の管理者の負担も軽減することが可能です。
VPPはMDMと同じように必要不可欠な管理ツールプログラムと言えます。
またVPPを利用すると、一度ユーザーに配布した有料アプリケーションなどをもう1度購入する必要がなく、費用削減につなげることが可能です。

30 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
そこを知りたいから
admin tarafından 27 8月 2018, 00:00

ウェブショップなどを運営している人なら、誰しもがグーグルアナリティクスのようなサイトの分析ツールを活用していることでしょう。

どこの検索サイトを使ってどのような検索語句によって自社のサイトに入ってきたのかや、これまでに何度サイトに訪れている顧客なのか、比較している商品は、自社サイト内での足跡やこれまでの購入履歴など、とにかくいろんなデータを集めて分析し、サイトの魅力を上げていくことが次なる購入意欲を高めていくことでもあります。

こういった分析ツールやCRMなどは、これからAIを活用したものに次第に変わっていきそうですね。人が手をかけて分析するには、あまりにその人材が乏しく、業界でも取り合いになっていると。だったら、AIに学ばせ、活用していく方がお金も手間もかかりませんからね。精度に関しては疑問も上がりそうですが、ショップ経営者の「そこが知りたい」という欲求も、AIならちょちょいと分析して、手軽に教えてくれそうですよね^^

sfaシステム紹介

27 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する場合、業務の効率を高めるためにも使用制限をしたり、遠隔操作できるように一括した管理をしておく必要があります。そのモバイル端末管理の安全ツールがMDMです。MDMはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、ハードウェアの情報取得の他、ネットワーク情報やアプリケーションの情報をそれぞれのモバイルデバイス端末内の情報を取得できます。
またアプリケーションの利用制限、削除、リモートインストール、Webフィルタリング、リモートロック、リモートワイプなどの機能も充実しています。スマートフォンやタブレットは携帯性優れているので紛失や盗難の恐れもあります。そのため情報が漏出しないようにMDMでセキュリティ対策をばっちりにしておく必要があるのです。特に管理サーバーなしで手軽にモバイル端末の資産管理ができるMDMは人気があります。管理サーバが不要なMDMはアプリベースでの資産管理ツールになります。

19 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
LINEとは違って
admin tarafından 13 8月 2018, 00:00

CRMの中にはLINEのようなSNS機能を使って、グループ内のコミュニケーション能力を上げるものもありますよね。ただ「法令順守など多様な理由」があって、会社内で正式に使える機能、ツールとしては公にはできなかったそうなんです。

ところがここにきて、Slackというコミュニケーションツールが脚光を浴びているとか。なぜ、このツールが上記の理由を払拭できるのか、その理由は私が読んだネット記事では理解できなかったのですが、このSlackは世界中ですでに多くのユーザーを抱えるツールであり、有償無償関わらずユーザー数を確実に増やしている最中なんだそうです。日本も御多分に漏れずというか、日本語UI登場により東京を中心にユーザー数を増加させていると。

また、このSlackはコミュニケーション能力だけではなく、検索機能、そしてCRMなどとの連携機能もあるそうです。顧客情報も検索できたりするそうで、ここだけを読んでも単なるコミュニケーションツールではないということはわかりました。

13 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
モバイル端末管理とは?
admin tarafından 08 8月 2018, 00:00

モバイル端末管理という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。このモバイル端末管理とは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のセキュリティ周りを管理することを言います。会社が支給したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の場合は、一元的に管理することが可能なのがmdm=モバイル端末管理ツールです。
例えば会社から支給されたスマートフォンの設定やバージョンアップは、管理部門に置いている専門のコンピューターから一括して行われます。個人で所有しているモバイルデバイス端末とは異なり、会社で支給されたモバイルデバイス端末には様々な重要な情報が含まれています。個人情報はもちろん、外部に流出してしまうと困るような機密情報などもあるでしょう。
そこでmdmを導入して、会社で支給されたモバイルデバイス端末を一括管理することで、IT資産管理だけではなく、パソコンやタブレットなど様々なクライアント端末におけるセキュリティマネジメントをサポートすることが可能です。

08 8月 2018, 00:00 - Yorum Yap
ペーパーとデジタルの圧倒的な違い
admin tarafından 31 7月 2018, 00:00

書類の山。バインダーに埋もれる。大企業でさえ、こういった部署ってまだまだ多いのでしょうね。SFAなど、新しいシステムを導入してこれらをすべて一元管理できたらどんなに効率的になるか。わかっていてもできないのが現状、というところもあるようです。

問題になるのが、どこから手を付けて良いのかわからないこと^^あまりに書類が多すぎて、どこの山から片付けて良いものやら途方に暮れるんですよね。本社、支社というように、どの範囲まで一括管理するのか、これも問題です。あれこれ考えるだけでも、書類からSFAへ入力することは難しいと思ってしまいます。

しかし、このまま進めば会社の大半は書類、バインダーだけではなく、段ボールの山と化するでしょう。そして、探したい書類はどこにあるのかわからない。。

ですから、腹をくくることです^^導入前からSFAのベンダに入ってもらい、要望を伝える。経験豊富なベンダであれば、きっと最適な方法を教えてくれるはずです。そして、ペーパーとデジタルの圧倒的な違いを、肌で感じてください^^

sfaクリウド

31 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
byodソリューションで検討されるべき問題点
admin tarafından 28 7月 2018, 00:00

スマートフォンやタブレットパソコンなどのモバイルデバイス端末普及が進み、私物のモバイルデバイス端末からも仕事ができるようにするというbyodソリューションを検討する企業が増えてきています。
byodを導入することでコストが下がった、生産効率が高まったなどの企業としての成果が、IT系サイトやセミナーでも伝えられています。
byodという考え方はスマートフォンやタブレット端末が普及する以前から検討されていました。byodソリューションを導入する上で目下の課題となっているのが、自宅にある私物のパソコンやモバイルデバイス端末と個人のインターネット回線を使って在宅勤務ができるようにした場合には、その私物の負担をどうするのか?という点です。
仕事に利用するにも関わらず私物のモバイルデバイス端末の購入費用や通信費などの維持費を全て個人に頼るのはよくないという意見もあれば、全て個人に頼るからこそbyodであるという意見もあり、費用負担の考え方は人によって様々です。

28 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
きっとCRMよね^^
admin tarafından 20 7月 2018, 00:00

ユニクロで買い物をした時のことなのですが、現金で支払おうとしてお金を出していたら、「アプリはご利用ですか?」と聞かれたので、「はい」と言うと、「すみません、ではアプリを開いていただけますか?」と。アプリを立ち上げて見せると、「会員証のところを開いていただけますか?」と。で、会員証の文字をタップすると、上の方にバーコードがあり、店員さんはそれを読み取っていました。

私としては、別にアプリのクーポンを使っての買い物ではないし、ユニクロってアプリでポイントとか貯まらないですよね?そう思っていたので、なぜ、会員証を開いてバーコードを読み取るのか、その意味が一瞬分かっていませんでした。むしろ、「面倒だな~」としか^^

でもよく考えてみると、CRMだったんですね^^ポイントが貯まる貯まらないとかそういうことではなくて、ユニクロとしては、会員がどこの店舗でどんな買い物をしているのか、購入履歴や購入金額、来店数などあらゆる顧客の情報がバーコードの読み取りによって分かるようになるんですよね。そっかそっか^^

20 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
企業や教育現場で導入されるmdm
admin tarafından 17 7月 2018, 00:00

企業や教育現場でスマートフォンやタブレットを導入する場合、数台の導入ではなく何千台もの導入が必要になります。それらのモバイルデバイス端末1台1台に導入時の初期設定をするのは管理者にとって大きな負担になります。
そこで多くの企業や学校ではスマートフォンなどのモバイルデバイス端末導入時に、mdmと呼ばれるモバイルデバイス端末管理ツールも併せて導入するケースが増えています。
mdmを導入することで、モバイルデバイス端末を導入することによって起こるリスクから企業を守ることができます。iPhoneやandroid、Windows、iPadなどスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の中には会社や学校にとって貴重なデータが保存されています。そのようなたくさんのデータが詰まった大切なモバイルデバイス端末を社外に持ち出すため、情報漏えいのリスクが増えています。mdmの機能には、ユーザーやグループ別のプロファイル、コンプライアンスポリシー、セキュアコンテントロッカーなどの機能があります。

17 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap
そろそろCRMに
admin tarafından 08 7月 2018, 00:00

Excelで顧客情報を管理している会社では、そろそろCRMへと移行させようかと思っているのではないでしょうか。でも、CRMは機能が多すぎて使いこなせないかもしれない、そんな不安もありますよね。難しくてお金がかかるツールよりも、名刺管理ツールやアプリといった手軽で簡単に使えるものの方が長く使いそう、といった声も聞かれるんです。

ではどちらが自社に良いのか、考えてみましょう。CRMは顧客情報を管理でき、さらに顧客のニーズの掘り起こしや苦情、要望などを集め、新商品開発や改善に役立てることができます。既存顧客のあらゆる情報を管理するだけでは無くて、それらを分析して次の営業につなげることができる、それがCRMなんですね。

一方、名刺管理は名刺情報を管理し、欲しい情報をすぐに取り出せる、それもスマホやタブレットから、権限を持っているものの情報はいつでもどこからでもアクセスできるというものです。営業情報に紐づけされているものもあり、かなりCRMに近いものもあるんです。

ということは、一番おすすめなのは一度使ってみること^^のようです。

08 7月 2018, 00:00 - Yorum Yap