フィルタリング
admin tarafından 04 8月 2017, 00:00

高校生以下のお子さんにスマホを与える場合に親として管理しなければならない要素として「フィルタリング」という項目が挙げられる。インターネットには様々なサイトが存在するが、その全てが有益な物とは限らず、悪影響を与えてしまう物も少なくはない。業務用のスマホにおいてもそれと同様の事が言える。いい年した大人に何を、と思うかもしれないが、不用意なウェブアクセスが原因でマルウェア(ウイルス等の総称)に感染するリスクがあるのも事実だ。MDMサービスの中には「ブックマーク」を共有する機能を有している物も多く、管理者によって安全が確認されたサイトのみを閲覧可能とするといった措置が取れる。少々窮屈なインターネットのような気もするが、業務に直接関係の無いサイトへのアクセスの方が色々と問題があるだろう。使用者から「このサイトが使いたい」と申請を受けてから管理者が安全を確認した上で許可を出せばいいし、本当に有益な物であれば、それは利用者全員で共有すべきであると言えるだろう。

04 8月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmのコンテンツ配信について
admin tarafından 26 7月 2017, 00:00

Mdmソリューションを提供するメーカーはたくさんあり、それぞれのメーカーによって利用できるmdm機能は異なります。また選ぶプランによって手軽に使えるmdm管理のものもあれば、充実した機能が搭載されたものもあり、どのサービスを利用するかによって行える設定や機能は違ってきます。
例えばコンテンツ配信が行えるmdm管理もあります。プレゼン資料、マニュアルなどの同期配信や、テロップによる情報の即時配信などもmdm管理によって行うことができるでしょう。部署ごとやグループごとにクラウド上に配信フォルダを作成、端末、端末グループに割り当てることで、フォルダ内のデータを端末に同期配信することができます。
配信されたデータは暗号化され、他のデバイスでは一切復号化できません。オフラインでも快適に動画やプレゼン資料を閲覧することが可能でしょう。ペーパーレスを実現するコンテンツ配信はドキュメントや動画などのコンテンツを紙を使わずに配信が可能です。
mdmでできるコンテンツ配信について

26 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
MDMの一元化
admin tarafından 17 7月 2017, 00:00

MDMはそもそも携帯端末を一元管理する物だが、場合によっては「複数のMDMサービス」が混在してしまうケースも存在する。それがキャリア側の提供するMDMだ。理想を言えば導入時に単一のキャリアに統一すべきだが、段階的にIT化を進めてい行く場合は時期によってはオトクな端末の機種やキャリアが異なるケースも多い。そのままキャリア側の提供するMDMサービスに加入していしまうと、似て非なるMDMサービスを複数利用するという事にもなり、維持コストの増加と、管理者の混乱を招きかかねない。もちろんMDMに対してしっかりと理解していれば多重契約などという事は防げるが、新たに導入する機種が現行のMDMサービスに対応しているかどうかは事前に確認しておくべきことだ。特にコスト削減に大きく寄与する「型落ち」の少し古いが性能は十分といった端末の採用にはOSのバージョンなどにも留意しなくてはならない。とは言えスマホの進歩も著しい。型落ちを追いかけていてもいずれは現行の最新機種を軽く凌ぐ「型落ち」で溢れかえる。MDMサービスも機種の「下限」に合わせての更新も必要となるだろう。

17 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
アプリの追加、管理はmdmはおすすめ
admin tarafından 08 7月 2017, 00:00

“スマホやタブレットを社員1人に1台渡して、仕事に活用させるという企業は非常に増えています。この時に重要になるのがこのタブレット、アイフォン端末などの管理になります。きちんと管理できていないと従業員が勝手に使い込んでしまう…といったケースも少なくありません。
そこで簡単にスマホやタブレット端末の管理を行うことができるのがmdmです。Mdmは社員や生徒などの不正利用を避けるために、デバイス制御やアプリ利用の制限などをかけている場合が多いです。またデバイス制御という言葉をあまり聞きなれないかもしれませんが、デバイスとは「カメラ、bluetoohh、SDカード、無線LAN」など通常の業務や学校の授業では支障がでるものに対して無効化する機能があるのです。
またアプリの利用制限に関しては色々な方法があります。管理者が許可したアプリだけを利用可能にするような利用制限もあるでしょう。利用制限を付けるだけでも安心して行くことができますね。
mdm

08 7月 2017, 00:00 - Yorum Yap
mdmとmdm
admin tarafından 28 6月 2017, 00:00

訳の分からないタイトルだが、IT関連の話題で言うならばmdmと略される物が2つ存在する。一つは携帯端末の一元管理を行う「モバイルデバイス」のマネージメント。もう一つは、社内に分散する各種情報を一元管理する「マスターデータ」のマネージメント。似て非なる物だが決して無関係ではない。携帯端末を業務に使用するのであれば、必要な情報に素早くアクセスできる土台の構築も必要不可欠な要素となる。一昔前にインターネットの速度の説明に高性能な車も渋滞にはまっては速度が出せないなどと例えた物だが、業務用のスマホ利用に置いても似たような事が言える。社内のITインフラが未整備のままでは満足な結果を出すのは難しい。部所単位では機能していても、他の部署と連携できないと結局電話してメールで送ってくれという話にもなってくる。そういった二度手間三度手間を防ぐ意味でもmdmとmdmの双方を高いレベルで維持、管理する必要がある。当然、それ相応のセキュリティー強化も必須と言える。部所や役職に応じてどこまでのアクセスを認めるか、そういった管理も適切に行う必要があるが、利便性求めるには相応の代償も必要なる物だ。mdm

28 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
カルテ化ができる!
admin tarafından 27 6月 2017, 00:00

名刺CRMアプリって個人では面倒ですよね。だから、最近管理ツールを導入する会社が増えてきているんだと思います。

この名刺管理ツールの最たるところは人脈をカルテ化できるということ。単に名刺をデータ化して社内の誰もが共有できるだけではなくて、より効果的な営業ができるよう、効率化が実現できるように担当者を相関図で示したり、一人一人の情報をそこにインプットしておくのです。名刺を交換した際にほんのちょっとしたことでもメモしておく。データ化する際に、「こんな事役に立つのかな?」と感じたことでもカルテに入れておくことで、次の営業の際に商談へのきっかけになる場合もあるんです。

個人で紙のまま名刺を管理するよりも、ツールを活用することで効率化、カルテ化ができるのであればやはり導入を進めるべきですよね。

27 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
Mdmについてるセキュアブラウザについて
admin tarafından 19 6月 2017, 00:00

みなさまこんにちは。今回はmdmについてくるセキュアブラウザについて話します。
みなさまの管理している、もしくは使用しているmdmにはセキュアブラウザがついていますか?そもそもセキュアブラウザをご存知でしょうか?
セキュアブラウザはスマホのブラウジングを制限する機能を持っています。また、安全にブラウジングするために端末にデータを残さない機能を持っています。Mdmを導入する際にはセキュアブラウザって重宝されますよね。だって会社のスマホを使ってインターネットで遊んだり変なサイトに行かれたくないですから!セキュアブラウザがあれば安心な訳です。
そんなわけでセキュアブラウザのニーズは非常に高いです。私もブラウジングを制限するためにセキュアブラウザを使って変な使い方をできないようにしています。スマホを会社で活用するためにはいろんなハードルがあるなーと思います。Mdmメーカーは大変だと思います。毎回毎回新しいスマホが出るし、それに合わせて対策、修正しないといけないですから!
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

19 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
営業日報に入力するだけで
admin tarafından 15 6月 2017, 00:00

営業マンの仕事って、取引先と商談をして終わり!という単純なものではなく、顧客や案件、そして商談の管理、スケジュールの管理、次の営業先の発掘など絶え間なく続いているもの。これらの管理を毎日それぞれに行っていては時間もかかり、作業効率も悪いですよね。

そこでSFAという営業支援システムが活用されるのですが、このSFAは営業日報に営業報告を入力するだけで、全ての営業マンの行動を一括管理できてしまうんです。全てに横に繋がりがあるって、本当に便利ですよね。

私のように営業などとは無縁の人間でも、スマホとパソコンで個人情報が同期できることに感動を覚えたことがあります^^たったこれくらいでも感動するのですから、今まで大変な思いをしてパソコンに向かっていた営業マンも、SFAを導入したことで作業効率の負担が大きく軽減したことに快感を覚えたのではないでしょうかね^^

ま、確かにいちいち商談後に入力作業を行わないといけない、というのは面倒に感じるでしょう。でもその後の管理が超簡単になることを考えれば、メリットの方が大きいでしょうね。

15 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
パン屋さんでも
admin tarafından 07 6月 2017, 00:00

SFAってパン屋さんでも活用されているんですね。パン屋さん、って書くだけで美味しそうな香りが漂ってくるのは・・私だけですかね^^

パン屋さんでのSFA導入事例が紹介されていたのは、戦略箱という名前のツールでした。そのパン屋さんでは、ずっと顧客の情報管理をペーパーで行っていたり、営業日報の提出は情報の提出と言うよりも提出自体が目的になっていたとのこと。

そこでSFAの戦略箱を導入したそうなのですが、営業プロセスの社内共有によって全ての営業マンの一日の行動までも見える化されてしまいますよね。「自分の行動を見直すきっかけになったのではないでしょうか。」ということでした。

また、「営業部門の社員1人ひとりの成長」も期待しているそうです。ベテランの営業マンや上司がタイムリーな指導ができることで、若い営業マンたちが成長できるように、と願っていると。SFAと一口に言っても、こんなに幅広い効果が期待できるツールだったんですね。

KnowledgeSuite

07 6月 2017, 00:00 - Yorum Yap
顧客志向を叶えるためのツール
admin tarafından 26 5月 2017, 00:00

モノが売れない時代と言われる今、多くの会社では顧客志向という言葉を重要視するようになってきました。同じ種類のものをたくさんのお店や会社で販売しているわけですから、そう簡単に売れていくということは無いんですね。しかも少子高齢化社会に日本も突入し、お金を稼いでいる世代でも貧困家庭が増えている日本。ライバルの企業より売り上げを上げるためにどうしたら良いのか・・それを突き詰めた結果が、顧客志向ということなんですね。

顧客がどのような商品を求めているのか。それは顧客それぞれに違いがあります。全ての顧客に同じ商品を紹介しても、反応がある客、無い客ありますよね。つまり、同じ商品ではなくて顧客一人一人の気持ちに沿った商品の紹介や開発をしないといけない時代になっているんです。

そのために使うツールとしてあるのがCRMです。CRMでは顧客の行動や購入履歴、店内での足跡などからどのような商品を探し、好んでいるのかが分析できるようになるんですね。

26 5月 2017, 00:00 - Yorum Yap